2018.11.24

ミッション・インポッシブルに挑むホンダ。
「ランキング8位を奪還せよ」

  • 米家峰起●取材・文・撮影 text & photo by Yoneya Mineoki

 最終戦アブダビGPでトロロッソ・ホンダは、到底不可能と思えるような任務に挑む。ザウバーからコンストラクターズランキング8位を奪還するという「ミッション・インポッシブル」だ。

 ザウバーとのポイント差は9点。これをひっくり返すためには、最低でも7位(6点)と8位(4点)が必要だ。3強チーム(メルセデスAMG、フェラーリ、レッドブル)がずば抜けた速さを持っている今、その6台に何事も起きなかったとすれば、7位・8位というのはすなわち、中団グループのトップに立たなければならないということだ。

トロロッソ・ホンダは最終戦でザウバーを逆転できるか 今年トロロッソ・ホンダは、バーレーンGPとハンガリーGPで中団トップに立っている。しかし必要なのは、中団トップでなおかつダブル入賞。実は、トロロッソ・ホンダはこれまでに一度もダブル入賞がない。それをここ最終戦で果たさなければならないのだ。

 それでいて、なおかつザウバーが9位にならないこと。10位1点のみなら同点で並び、最高位が4位のトロロッソ・ホンダがランキング上位となる。

 3強6台に何かが起きて、中団トップが上位に繰り上がったとしても、4位まではポジションひとつで2点差というのは同じであるため、トロロッソ・ホンダが中団トップでダブル入賞を果たし、ザウバーがその背後に来ないことが条件になる。

 つまり、コンストラクターズ8位奪還は、極めて厳しい任務だ。

 そもそも、純粋なパフォーマンスでザウバーを上回ること自体が容易ではない。ピエール・ガスリーはザウバー勢の速さをこう説明する。

「ここのところのザウバーは常に2台揃ってQ3に進んでいて、ものすごくコンペティティブだ。ここ数戦だけ見れば、実質的に4番目のチームと言っても過言ではない。彼らを打ち負かすのはかなりタフだろう。

 だから僕らとしては勝ち負けよりも、自分たちのマシンパッケージが持っているパフォーマンスを最大限に引き出すことに集中して、その結果として日曜のレースがどうなるかだ。もちろん、ものすごく難しいということはわかっているよ。だけど計算上、逆転の可能性がなくなるまではあきらめることなく戦い続ける」