2018.11.28

トロロッソ・ホンダ、最終戦で惨敗。
その壊れっぷりが来季への試金石

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 トロロッソ・ホンダは最終戦アブダビGPで惨敗に打ちのめされて、2018年シーズンを終えた。

 ヤス・マリーナ・サーキットへの適応はまずまずで、けっして悪くはなかった。とくに低速コーナーの連続するセクター3では、中団グループ最速だった。

今季初めてブローアップを経験してしまったホンダのV6エンジン「今日の結果では、対他的にセクター3で戦闘力があるのが見えています。ただ、セクター3は結構トリッキーでマシンのセッティング次第では(パフォーマンスが)変わってしまいますので、いかにこのパフォーマンスをキープするかが大事だと思っています。

 そのバランスが課題。2本の長いストレートとセクター3の低速区間でもう少しバランスを取って、安定してタイムを出せるようにし、予選パフォーマンスのよさをロングランでも実現できるようにしたいですね」(ホンダ・田辺豊治テクニカルディレクター)

 しかし、予選・決勝に向けてセクター1とセクター2を伸ばそうとセッティングを変えたところ、セクター3のよさは目減りしてしまった。

 それでも、予選Q3進出はなんとか争えそうなところにいた。Q1最後のアタックでピエール・ガスリーは自己ベストを0.6秒縮めて最終セクターに入る。だが、最終コーナーでマシンのリアから白煙が上がった。

「パワーを失った! パワーがない! 後ろから煙が出ている!」

 ガスリーの悲痛な叫びが無線で届き、エンジニアからはマシンを止めるよう指示が出された。

 第16戦・ロシアGPの投入以来、ホンダは耐久性が盤石でないスペック3を「金曜は使わない」と決めて”やりくり”して、最終戦アブダビGPで3日間通して使用できるように準備を整えてきた。だが、ここで初めてブローアップを経験してしまった。V6エンジンのうち1気筒が壊れ、パワーが低下してしまったのだ。

「マシンのフィーリングはよかったし、最終コーナーまではとてもいいアタックラップだったんだ。そこまでに0.6秒速かったから、11位か12位でQ1を突破できたはずだった。