2018.11.20

エアレース・室屋義秀が振り返る今季。
「勝負運をどうつかむかが重要」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの2018年シーズンは、11月17、18日(現地時間)にアメリカ・フォートワースで行なわれた第8戦をもって幕を閉じた。

 今季の年間総合優勝は、昨季最終戦で室屋義秀に奇跡の大逆転劇を許し、土壇場でタイトルを逃したマルティン・ソンカ。初優勝が決まった瞬間の咆哮は、彼がどれほどのプレッシャーと戦っていたのかをうかがわせた。2年越しの、まさに悲願達成だった。

 そんなソンカとは対照的に、昨季の世界チャンピオンである室屋は年間総合で5位にとどまった。全8戦中、3戦でファイナル4へ進出したものの、2位が2度あったのみで結局未勝利。その一方で、0ポイント(12位以下)に終わったレースが3戦もあっては、早々に優勝争いから脱落したのも当然だった。

 歓喜の戴冠から1年。あたかも天国から地獄へと大きく落ち込んだシーズンを、ようやく戦い終えたばかりの室屋に話を聞いた。

チャンピオンとして迎えたシーズンを5位で終えた室屋 photo by Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool――昨季は自分が主役だった今季最後の表彰式を舞台の下から見て、どんなことを感じましたか。

「今日(の第8戦で)のソンカは美しく勝ちましたよね。僕が言うのも変ですが、昨季は大変だったと思うので(苦笑)、単純にエアレースの仲間としてよかったなと思います。最後の(ファイナル4の)フライトも、クオリティが高くて、まさにワールドチャンピオンのフライトでした。おめでとうと言いたいです」

――今季最終戦は、ソンカ、マット・ホール、マイケル・グーリアンのトップ3が直接対決で年間総合優勝を争う、非常におもしろい展開だった一方で、やはりそこに室屋さんが加わっていない寂しさも感じました。

「まあ、そんな年もあるでしょう(笑)。でも、今日のフライトには手応えがあったし、今季全体を振り返っても、アップダウンしつつも、前には進んでいると思っています」

――年間総合5位という成績も、昨季の優勝を除けば自己最高。おおまかには右肩上がりにあると見ることもできます。

「最後に自分が満足できるフライトをしたいとは考えていましたが、順位はあまり気にしてなかったです。この最終戦に勝てば、4位に上がれたわけですけど、昨季すでに一番になっているので、4位でも5位でも6位でも大差ないかな」