2018.11.15

悲願のスーパーGT王座獲得。
レジェンド・高橋国光の愛弟子への眼差し

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2018シーズンのスーパーGTシリーズ最終戦が11月10日、11日、栃木・ツインリンクもてぎで行なわれた。GT500クラスを制したのは、ナンバー8のARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)。第3戦の鈴鹿ラウンドに続き、今季2勝目をマークした。

初の栄光を手にして喜びながらコースを歩く山本尚貴と高橋国光総監督 そしてこの日、最高のフィナーレを飾ったのは、ナンバー100のRAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)だ。見事3位に食い込み、シリーズチャンピオンを獲得したのである。ホンダ勢に8年ぶりの栄冠をもたらすとともに、チームクニミツにとっては参戦25年目で初のタイトル獲得となった。

 今年のホンダは、マシン内部を中心に大幅な見直しと改善を実施し、エンジンのパフォーマンス向上に力を入れてきた。その結果、ホンダ勢は開幕戦から躍進し、陣営全体で全8戦のうち6度のポールポジションを獲得。さらに、決勝でも4勝を挙げる圧倒的な強さをみせた。


 ランキング首位をキープしてきた100号車は、ナンバー1のKeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)と同点で最終戦を迎えた。「前でゴールしたほうがチャンピオン」という緊張のなか、今年のスーパーフォーミュラ王者に輝いた山本尚貴と、元F1王者のジェンソン・バトンが隙のない完璧なレース運びをみせ、1号車より1.8秒前でゴール。その瞬間、ホンダ陣営は歓喜に沸いた。

 ウイニングランを終えてパルクフェルメにマシンを止めたバトンに、喜びを爆発させた山本が駆け寄る。そんなふたりの横には、チームを率いる高橋国光総監督の姿があった。

 高橋総監督は、現役時代は2輪のグランプリライダーとして活躍。1961年には日本人として初めて世界GPレースで優勝を飾った。その後は4輪レーサーに転身し、1995年にはル・マン24時間レースでクラス優勝を飾るなど、数々の輝かしい成績を残したレジェンドである。

 全日本GT選手権(スーパーGTの前身)の初年度にあたる1994年から参戦を続けているチームクニミツは、これまで何度かチャンピオン争いに加わることもあった。だが、その度に一歩届かず、悔しい思いをしてきた。しかし、今年は8戦中6戦で、トップ5圏内でフィニッシュ。参戦25年目にして、悲願のシリーズチャンピオンを勝ち取った。