2018.11.16

マッチ感涙。近藤真彦監督が
スーパーフォーミュラ初戴冠で新たな決意

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権は全ラウンドを終え、近藤真彦監督率いるKONDO RACINGがチームチャンピオンのタイトルを獲得した。KONDO RACING は2000年、国内トップフォーミュラに参戦。結成19年目にして、フォーミュラのカテゴリーで初の栄冠となった。

結成19年目にして初のチームチャンピオンを獲得した近藤真彦監督 近藤真彦監督は歌手や俳優として知られている一方、現在はKONDO RACINGのチーム監督として、スーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久の「国内3大カテゴリー」に挑戦している。

 すでにスーパー耐久では、2016年にシリーズチャンピオンを獲得。だが、自身もかつてドライバーとして挑戦し、国内屈指の名門チームがしのぎを削るスーパーフォーミュラでのタイトル獲得は、近藤監督にとって大きな目標のひとつだった。

 リーマンショックによる経済情勢の悪化により、2009年には参戦を断念するなど、苦しい出来事も経験してきた。だが、2010年途中から活動を再開した以降も挫けることなく、一歩ずつ歩み続けてチームを強くしてきた。

 とくに、ここ数年はチーム内部の体制を見直し、昨年からニック・キャシディと山下健太という全日本F3選手権のチャンピオン経験を持つ両ドライバーが加入。これを機に、チームは勢いを増した。

 今年の第4戦・富士ではキャシディが初優勝を飾ってチームに10年ぶりの優勝をもたらすと、後半戦では上位争いの常連となり、第5戦終了時にドライバーズとチームの両部門でランキングトップに浮上。第6戦・岡山でも着実にポイントを重ね、首位の座を守って最終戦の舞台「鈴鹿サーキット」に乗り込んだ。

 ただ、KONDO RACINGにとって鈴鹿は、あまり得意としているコースではない。金曜日に行なわれた練習走行での手応えも今ひとつ。さらに、ドライバーズランキングでトップを走るキャシディのマシンに問題があることが判明した。

 チームはそれを解決するため、ファクトリーのある静岡・御殿場まで夜を徹してパーツを取りに戻った。土曜日の走行で、少しでもパフォーマンスが改善できるようにするためだ。その結果、予選で山下が2位、キャシディが4位を獲得。チームの雰囲気もガラリと変わったという。