2018.09.22

6年ぶりの優勝。J・バトン、
スーパーGT初勝利で王座獲得へ前進

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

【連載】ジェンソン・バトンのスーパーGT参戦記(7)

 9月15日、16日に宮城県・スポーツランドSUGOで行なわれたスーパーGT第6戦で、ついにジェンソン・バトンが初優勝を飾った。

 今シーズン、山本尚貴と組んでナンバー100のRAYBRIG NSX-GTを駆るバトンは、開幕戦で2位表彰台を獲得するなど元F1王者の貫禄を見せている。第5戦を終えた時点で、ドライバーズランキングは堂々の3位。参戦初年度でのチャンピオン獲得の可能性も十分にある位置につけている。

「ジェンソン・バトン連載」(1)から読む>>>

ジェンソン・バトンが狙うのは、もちろん「1位」のポジションだ ただ、第6戦のSUGOラウンドは、バトンにとって不利な条件が揃っていた。まさに「今シーズン一番の難関」といっても過言ではないだろう。

 成績に応じて課されるバトン車のウェイトハンデは80kg。さらに、マシンのイコールコンディションを保つための性能調整が入り、NSX-GT勢の車両最低重量は10kg引き上げられた。いくらNSX-GT勢がスポーツランドSUGOを得意としているとはいえ、ここまでハンデが積み重なるとトップを狙うのは難しいと思われた。

 そして何よりの不安材料は、バトン自身がSUGOのコースを走り込めていない、ということだ。これまでも初走行となるコースはいくつかあったが、SUGOは高低差のある独特なサーキットなため、少し走っただけですぐに攻略できるほど甘くはない。

 これらのことを考慮し、バトンはタイヤメーカーテストに参加したARTA NSX-GT(ナンバー8)の協力のもと、SUGOのコースを走って習熟する時間をもらったという。ただ、10周ほどの走行だったため、コース攻略に十分な時間とは言えなかった。

 それでも、元F1ワールドチャンピオンは限られた環境で、しっかりと結果を出す。

 土曜の公式予選、バトンはQ1を任されてコースイン。しかし、タイムアタック中にクラッシュ車両が発生し、いきなりの赤旗中断となる。残り時間が限られるなか、アタックするチャンスは一度きりという状況となった。だが、そんな悪条件のなかで、バトンは1分11秒321で3番手タイムをマーク。見事にQ2進出を果たしたのだ。