2018.03.09

J・バトンのスーパーGT参戦記スタート!
「F1と違うから面白い」

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

【連載】ジェンソン・バトンのスーパーGT参戦記(1)

 2018年、国内最高峰レースのひとつ「スーパーGT」に元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンがフル参戦する。キッカケとなったのは、昨年スポット参戦した鈴鹿1000km。そのころから本格的にスーパーGTへの挑戦を考え始めたという。

ジェンソン・バトンにスーパーGTへの想いを語ってもらった 今年所属するのは「チームクニミツ」。山本尚貴とコンビを組み、RAYBRIG NSX-GT(ナンバー100)でスーパーGTシリーズを戦うことになった。現在バトンは国内外のテストに参加しながら、4月7日~8日の開幕戦に向けて準備を進めている。

 開幕まであと1ヵ月と迫った、現在の心境について話を聞いてみた。

―― 改めてなぜ、今シーズンはスーパーGTにフル参戦しようと決意したのですか?

ジェンソン・バトン(以下:バトン) 僕は何年も前からスーパーGTのファンで、ずっとレースの動向は追いかけていたんだ。8年くらい前に僕の友人がチームクニミツのマシンでテスト走行する機会があったので、そういったつながりもあって興味を持ち続けていた。

 スーパーGTは3つの自動車メーカーがしのぎを削り、さらに2つのクラス(GT500とGT300)のマシンが同時にレースをする。そういうところもエキサイティングに感じている。また、僕自身も以前からホンダとの関係があったから、今回こういったすばらしい機会をもらえてうれしいよ。

 昨年の鈴鹿1000kmにスポット参戦したけど、あれはとても楽しかった。結果は決していいものではなかったけど、雰囲気はすばらしいし、僕自身にとっても勉強になることが多かった。

 僕がこれまで経験してきたカテゴリーとも違い、マシンの重量があって、クルマの動きも(F1と比べると)かなり違う。鈴鹿が終わってからフル参戦したいと真剣に考え始め、鈴鹿のF1日本GPあたりでホンダの山本さん(山本雅史モータースポーツ部長)としっかり議論して決めたんだ。