2018.09.20

ディクソンが王者でインディは幕。
佐藤琢磨は現チームで来季に挑む

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 インディカー・シリーズ最終戦を前に、チャンピオン獲得の可能性を残していたのは4人。しかし、現実的にはポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)と、ポイント2番手のアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)に絞られていた。

 2人の点差は29点。しかし、最終戦はダブルポイントという特殊な条件があり、ロッシが勝てば、たとえディクソンが3位に入っても、逆転してチャンピオンになれる状況にあった。

 ディクソンは過去4回もチャンピオンになった経験を持つニュージーランド出身のベテラン。対するロッシは参戦3年目の若手アメリカンで、もちろん無冠だ。今年はルーキーの当たり年で、最終戦にも将来有望な2人のドライバーが出場。新旧ドライバー対決もインディカー・シリーズを面白くしている。

5回目のチャンピオンに輝いたスコット・ディクソン 高速コーナー、ブラインドコーナー、ハードブレーキングが必要なタイトターンが巧みに組み合わされ、そこに激しいアップダウンも加わるソノマのコースは、グリップが低いことと、風が吹いてマシンのハンドリングに大きな影響を与えることで有名だ。セッティングとドライビング、両方のスキルが試されるサーキットで、チャンピオンバトルを行なうのに相応しい。

 土曜日の予選でポールポジションを獲得したのは、ライアン・ハンター‐レイ(アンドレッティ・オートスポート)。彼はプラクティスから自信に満ちた走りを見せており、チームメイトのロッシは気圧され気味で予選結果は6位だった。