2018.09.20

3年ぶりスーパーGT優勝も、
山本尚貴がレース中に不愛想だった理由

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 9月15日と16日、スーパーGT第6戦が宮城県のスポーツランドSUGOで行なわれた。これまでSUGO大会は7月に開催されていたが、今年はスケジュールの変更により9月に移動。敬老の日を含めた3連休だったこともあって、2日間で延べ4万人を超える観衆が集まった。

3年ぶりの優勝を果たした山本尚貴(中央)とチームクニミツのメンバー その大観衆が見つめるなか、GT500クラスを制したのはナンバー100のRAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)。元F1チャンピオンのバトンが参戦6戦目にして初優勝を果たし、SUGOは大いに盛り上がった。また、パートナーを務める山本とチームクニミツにとっては3年ぶりの優勝となり、彼らにとっても特別な思いがたくさん詰まった1勝となった。

 高橋国光総監督が率いるチームクニミツは昨年、内部の体制を大きく変更した。それまでマシンのメンテナンスを担当していた「M-TEC」が、2017年からTEAM MUGENとしてスーパーGT参戦を決定。それに伴い、チームクニミツは新たに「ATJ(オートテクニックジャパン)」と契約し、メカニックを総入れ替えして臨むことになった。

 ただ、ATJは勢いのある若いメカニックが多い反面、スーパーGTでの経験は決して豊富とは言えなかった。昨年はピット作業で予想以上に時間がかかってしまい、ライバルのマシンに逆転されたり、レースの流れが変わってしまうことも多々あった。

 チームクニミツとタッグを組み始めた当初、関係者の間でのATJの評価はあまり芳(かんば)しくなかったという。だが、そんな周囲の声を一蹴したい、ATJのメンバーとともに早く一緒に勝利を挙げたいと心に決めていたのが、チーム在籍4年目の山本だった。

「チームクニミツとは昨年から組み始めて、ポールポジションは獲っているけど勝つことができず、2位で終わるレースが続きました。歯がゆい思いをしていたので、ATJのみんなのためにも早く勝って、肩にある重荷を下ろしてあげたいなという思いが強かった」