2018.09.13

小林可夢偉、またも初優勝を逃す。
不運が重なり「あと一歩」の2位

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 9月8日~9日、スーパーフォーミュラ第6戦が岡山国際サーキットで開催された。この週末は秋雨前線の影響で強い雨に見舞われ、公式予選もウェットコンディションでスタート。中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がQ1で脱落したほか、チャンピオン争いをする石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)や山本尚貴(TEAM MUGEN)も相次いでQ2で姿を消すなど、大波乱の展開となった。

フロントノーズを破損しても果敢に攻める小林可夢偉 そんな荒れ模様の一戦で、ひと際目を引く走りを見せたのが、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)だった。

 Q1を4番手で通過すると、続くQ2では2番手以下に0.6秒近い差をつけてトップタイムを記録。さらに最終のQ3でも、驚異的な速さを見せて1分24秒466をマーク。この時点で2番手以下とは0.5秒の差があり、可夢偉の初ポールポジションは決まったかに思われた。

 しかし、土壇場でひっくり返される。岡山で優勝経験のある関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が最終ラップで0.02秒上回り、逆転でトップに浮上。可夢偉は惜しくもポールポジションを逃した。

 予選後の記者会見に登場した可夢偉は、悔しさを隠し切れないのか、いつもより言葉少なめで、その表情に笑顔はなかった。

 それもそのはず、「あと一歩」というところで予選2番手に終わったのは、参戦4シーズン目を迎えたスーパーフォーミュラで4回もあるからだ。

「Q3のアタックは悪くはなかったですけど、(関口)雄飛のほうがちょっとだけ速くて……得意の2番手で終わりました。最後に”スーパーアタック”を決めないと、ポールポジションは獲れないと思う。だから、僕は今まで獲ったことがないんだと。まぁ、しょうがないです」

 9日はさらに悪天候となり、決勝レースは予定より1時間遅れで進行した。ドライバーの安全を考慮し、セーフティカー先導でスタートが切られるも、7周目に赤旗が提示。天候回復を待ち、約55分にわたってレースは中断された。