2018.08.02

ホンダVSシボレー。インディ、
今年のマニュファクチャラー王者は?

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 2018年のインディカーシリーズは全17戦。早くも第13戦が、オハイオ州コロンバスの北にあるミッドオハイオスポーツカーコースで開催された。そのレースの正式名称は「ホンダ・インディ200アット・ミッドオハイオ」。30年以上もホンダ車を作ってきたメアリーズビル工場に近いことから、ホンダとこのコースは深く連携している。

 ホンダ車を使ったドライビングスクールも運営。もう10年以上も前から、ティーンエイジャーに向け、二輪、四輪を安全に楽しく運転するためのコースもスタートさせている。工場周辺にはサプライヤー企業も多く、今年のレースには11000人以上のホンダ関係者が集まった。天気も上々、レース内容もエキサイティングで大いに盛り上がった。

ミッドオハイオで優勝したアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート) 勝ったのはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)。2.258マイルのコースを90周して争われるレースで、ロッシはポールポジションからトップを守ると、ライバル勢が3ストップ作戦を採用するなか、ただひとり2ストップを選んだが、燃費で苦しむどころか、逆にライバル勢を驚かせる目覚ましいスピードを保ち続けてゴールまで突っ走った。

 ロッシはホンダ・インディV6ツインターボの燃費をセーブするために、逆にアグレッシブに走った。コーナリングスピードを速く保つのが狙いだ。高度なテクニック、集中力を途切れさせない体力と精神力、そして卓越したマシンコントロール。すべてが揃っていなければ、こんな走りはできない。26歳にしては非常に完成度が高いドライバーだ。

 2位でゴールしたのはロバート・ウィッケンズ(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)。カナダ出身のルーキーだが、年齢は29歳。ヨーロッパでフォーミュラカーからドイツのハイパワーツーリングカーまでさまざまなカテゴリーを経験しており、デビューイヤーにして表彰台はすでにこれが4回目となる。初優勝の日は遠くないだろう。