2018.08.01

6位なのにガスリーはショック。
トロロッソに課せられた夏休みの宿題

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「正直言って、このクルマの仕上がりにはショックを受けたよ」

 第12戦・ハンガリーGPを6位でフィニッシュして、ピエール・ガスリーはそう言った。

6位入賞で笑顔を見せるピエール・ガスリー ハンガロリンクにおけるトロロッソ・ホンダSTR13は、すこぶる快調だった。金曜からセットアップが決まり、そこからの微調整もすべて正しい方向へと進んだ。ウェットコンディションの予選では渾身のアタックで6位・8位を手にした。そして決勝では、ガスリーがハースのケビン・マグヌッセンとルノーのカルロス・サインツを寄せつけないどころか、さらに引き離す走りで中団のトップを走り、最後までその座を守り切った。

 70周のレースを終えて、3強チームと同一周回でフィニッシュしたのは、ガスリーだけだった。F1に来て初めて、前のクルマを周回遅れにする場面に直面し、自分のためにブルーフラッグが振られたことにも感動したという。

「今日は(3強チーム以外の)”Bクラス”で唯一、周回遅れにされなかったドライバーだったし、僕のために周回遅れに青旗が振られるのなんて初めての経験だった。他車を周回遅れにするのもね。あれはいい気分だったね(笑)! まさに自分がいいレースをしている証(あかし)だからね」

 では、ガスリーは何にショックを受けたのか――。

 それは、STR13のフィーリングと速さが予想を大きく上回るものだったことだ。

「ここ数戦の苦しい状況からすると、今回6位になれたのはものすごく衝撃的だったよ。先週だって、僕らは予選Q1敗退でウイリアムズより遅かったんだ。それなのに今週は、彼らを周回遅れにしてしまったほどだ。今回はマシンが予想を上回る仕上がりだったんだ」

 ハンガロリンクはパワー感度が低く、パワーユニットの出力差がラップタイムに表れにくい。そのため、トロロッソ・ホンダにとってはここ数戦よりも有利なサーキット特性であることは間違いなかった。