2018.07.21

失敗続きのトロロッソ・ホンダ。
全開率65%の難コースを攻略できるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 長いストレートで最高速がほしい反面、低速コーナーでのメカニカルグリップもほしい。そのバランスをきちんと見極められるかがカギになる。

 イギリスGPのみならず、フランスからの3連戦ではすべてにおいてセットアップを外した感のあるトロロッソ・ホンダだけに、今回は慎重にその善し悪しを見極めようとしている。

「課題は、低速コーナーでのメカニカルグリップと高速コーナーでの空力バランスの両立。低速コーナーからのトラクション不足に悩んでいますし、ここは低速コーナーからの立ち上がりがかなりの部分を占めるサーキットでもありますから、そう簡単にはいかないと思っています。

 低速コーナーからのメカニカル面のトラクションレベルと、高速コーナーでのエアロバランスとトップスピード。いつも同じなんですけど、そのあたりのバランスを微調整していく必要があるという前提で、(FP-1での感触を)きちんと見ましょうということになっています。シミュレーションで『これがベストだ』っていうセッティングを出して持ってきてはいるんですが、最初の詰めはまずFP-1を走ってからという感じです」

 苦戦が予想されるなかでセットアップをいかにうまく仕上げ、現状のマシンパッケージの性能をフルに引き出すことができるか。パッケージ自体のポテンシャルで、中団グループのライバルたちに後れを取り始めているトロロッソ・ホンダだからこそ、マシンの速さを限界ギリギリまで引き出す必要がある。

 今ならまだ、それを果たすことで中団グループの上位へ手が届く可能性も残されているのだから。

◆佐藤琢磨は望み薄。インディカー年間王者争いはディクソンが1歩リード>>>

◆ドイツの女神はマルケスが大好き。9年連続ポールトゥウィンの大偉業>>>


関連記事