2018.07.25

トロロッソ10位入賞。ハートレイは
プチ喜びもガスリーの不安はでかい

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 パワーサーキットと化したホッケンハイムリンクで苦戦が予想されていたにもかかわらず、トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレイが10位入賞で1ポイントを獲得した。雨の大波乱のなかで上位2台がリタイアし、中団でもギャンブルに失敗するドライバーが続出するなかでの入賞だった。

久々に入賞を果たしてポイントゲットしたブレンドン・ハートレイ「雨が降ってきたとき、最初はチームから『ピットインしろ』と言われたんだ。でも、僕が『あと1周ステイアウトしてもいいか?』って聞いて、1周走って『ピットインする?』って聞いたら、チームは『雨は弱くなるはずだ』と言うから、さらにもう1周ステイアウトすることができた。チームと僕の間でとてもいいコミュニケーションができて、最高の決断を下すことができたんだ」(ハートレイ)

 一方のピエール・ガスリーは、他車がインターミディエイトに交換するなかでウエットタイヤを履くという、もっとアグレッシブなギャンブルに出て失敗。一時は2周遅れまで後退するなど入賞はならなかったが、本人もこれは納得ずくだった。

「僕らの置かれたポジションを考えれば、何かをトライするべきだった。それがうまくいかなかったというだけのことだよ。周りと同じ戦略を採るよりも、うまくいったときに得られるゲインが大きいと判断したんだ。

 成功率の低い大きなギャンブルだったけど、あのときの僕らはああいうポジションだったし、ポイントが獲れないなら11位だろうと13位だろうと、どちらでも同じだからね。もっと雨が降ってくれればうまくいったはずだけど、運がなかったんだ」

 トロロッソ・ホンダにとって、第6戦・モナコGP以来となるポイントを獲得できたことの意味は大きい。

 しかし、彼らが直面している問題から眼を逸らすべきではない。

 パワーサーキットのホッケンハイムリンクでは、ホンダ製パワーユニットの非力さゆえに苦戦を強いられるのではないかと予想されていたが、その予想は悪いほうに外れた。

 STR13は、パワーを云々(うんぬん)する以前の状態だったのだ。