2018.07.28

トロロッソが重要な「キー」を損失。
マクラーレンと場外バトルへ

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 第12戦・ハンガリーGPを前にした木曜の朝、トロロッソ・ホンダに衝撃が走った。テクニカルディレクターのジェームス・キーがマクラーレンに電撃移籍したのだ。

トロロッソ・ホンダは今後の開発をどのように進めるのか 報道を受けたかたちでマクラーレンは公式にこれを認めたが、トロロッソとしては完全に寝耳に水の事態だった。というのも、3週間前のイギリスGPの際にはシルバーストンのパドックに設えられたレッドブルのモーターホームで、レッドブルのテクニカルディレクターであるピエール・ヴァッシェ、ホンダのテクニカルディレクターである田辺豊治とともにミーティングを行なっており、来季に向けたマシン開発についてレッドブル、トロロッソ、ホンダの3者による話し合いの主要人物だったはずだからだ。

 この事態に対してトロロッソは、フランツ・トスト代表が「ジェームス・キーはトロロッソとの間に有効な長期的契約を結んでいる。ただし、契約の内容は部外秘であるため、その詳細について我々はコメントしない」という短いコメントを発表しただけで沈黙を貫いた。

 トロロッソはキーとの間に有効な契約を保持しており、まだキーはその契約下にあり、トロロッソもキーが離脱するとは思っていなかった。

 キーがマクラーレンでテクニカルディレクターとしての職務をスタートすることはできるのかと、トロロッソの広報に尋ねるとこう語った。

「我々には長期契約がある。それが今の状況だということです。そこから先がどうなるかはわかりませんし、現時点で言えるのはこれだけです」

 通常、どのチームもエンジニアとの契約には6ヵ月間の「ガーデニング休暇」と呼ばれる条項を含んでいる。他チームに移籍する場合には、契約期間の最後の6ヵ月間は職務から離れ、他チームに自分たちの最新情報が渡らないようにするというものだ。メルセデスAMGのように、これを1年に引き延ばして情報流出を阻止するケースもある。そのくらいF1界において、情報は大きな武器になるということだ。