2018.07.17

ドイツの女神はマルケスが大好き。
9年連続ポールトゥウィンの大偉業

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 ドイツGP9連勝である。9年連続のポールポジションからの優勝――つまり毎年、予選最速タイムでポールポジションを獲得し、翌日の決勝レースで競争相手全員を押さえつけてトップでチェッカーを受けることを9年間も続けている、ということだ。

マルク・マルケス(中央)は2010年からドイツで負けたことがない マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がこの9年間に、ドイツ・ザクセンリンク・サーキットのレースで行なってきたことは、己の速さと強さのレベルを高め続けてきただけではできない。気象や路面状況に左右されるコンディション面、年年歳歳変化するライバル勢の戦闘力と彼らとの相対的な力関係で刻々と変化する戦術・戦略面への対応など、自分たちには制御不能な不確定要素も、勝利を収めるための安全マージンのなかに呑み込んですべてをコントロールしてしまう、ということである。

 マルケスが初めてザクセンリンクでポールポジションを獲得し、決勝レースで勝利を収めたのは125cc時代(当時)の2010年。8年前、まだ17歳の少年だったころだ。このときのマルケスは、2位の選手に17秒差を開いて優勝している。2011年と2012年はMoto2クラスで優勝。2013年からは最高峰のMotoGPクラスで毎年、判で押したようにポールポジションからレースをスタートして表彰台の頂点で終えている。

 ザクセンリンク・サーキットのあるサクソニー地方は、フランスのル・マンやオランダのアッセンほどではないものの、この季節は天候が不安定になることも多く、ときに粒の大きなにわか雨に見舞われる。毎年7月上中旬に行なわれるMotoGPのレースウィークでも、どこかのクラスのどこかのセッションがウェットコンディションになることもたびたびだった。

 しかし今年は、気象予報は週末を通じて好天で、実際に金曜午前のフリープラクティスから日曜午後の決勝まで、この季節らしい強い日射しとカラリと暑い陽気に包まれた3日間となった。レースをするうえでは、安定したいいコンディションだが、この安定した外部条件はマルケスにのみ利するわけではなく、ライバル勢にもおしなべて戦闘力を高める絶好の機会を与えることになる。