2018.07.03

伝統のダッチTTで今季最高のバトル。
勝者マルケスはやはり一枚上手

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 まさに「ロードレースの大聖堂」に相応しい迫力と緊迫の大激戦だった。今シーズンここまでの8戦でもっともスリリングな手に汗握るバトルだったことに、異論のある人はおそらくいないだろう。

最後はトップの座を譲らなかったマルク・マルケス 第8戦・オランダGPの会場TTサーキットアッセンは、シーズン全カレンダーのなかで唯一、グランプリ初年度の1949年から現在に至るまで、連綿と開催され続けている由緒あるサーキットだ。6月の最終土曜に決勝レースを行なうのが長年の伝統だったが、2016年から他のレースに合わせて日曜の決勝になり、7月に決勝レースを実施するのは今回が初めてだ。

 ここでは、世界選手権が始まる以前の1925年から「ダッチTT」という名称でレースが行なわれてきたため、今でもオランダGPはこの名で呼ばれることが多い。「ロードレースの大聖堂(Cathedral of Speed)」という呼称には、そのような当地の長いレースの歴史に対する敬意と尊崇の念が込められている。

 そこで繰り広げられた2018年のMotoGPは、ホンダ、スズキ、ヤマハ、ドゥカティの4メーカーの7台が入り乱れて、最後まで緊密な戦いを繰り広げた。

 全26周の最終盤23周目にマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がトップ集団から抜け出して優勝を手にしたが、それまではアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、マーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ MotoGP)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)、カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ・チーム)と、これだけの台数が1秒以内のタイム差にひしめきながら激しく順位を入れ替えるバトルを続けた。