2018.04.07

F1昇格へのレールは敷かれた。
日本人ドライバー2人のノルマは?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 今週末のバーレーンGPにて、F1直下のカテゴリーFIA F2も2018年シーズンが開幕する。日本からは、GP3からステップアップの福住仁嶺(ふくずみ・にれい)と、ユーロF3からステップアップの牧野任祐(まきの・ただすけ)のふたりが参戦。彼らが今季目指しているのは、このFIA F2で活躍し、F1昇格に必要とされるスーパーライセンスを獲得することだ。

福住仁嶺は徳島県出身、1997年1月生まれの21歳 開幕を前に、3月にはポール・リカール(フランス)とバーレーンでそれぞれ3日間のテストが行なわれた。だが、FIA F2が新車を導入したこともあって各チームの準備状況には差があり、はっきりとした勢力図は見えてきていない。

「クルマは去年のF2とは全然違って、走っていて重たい感じがします。走っていて乗り心地は悪くないし、コーナーも去年と比べて遅いわけではないんですけど、動きがダラッとしている感じがあるんです。予選シミュレーションでも去年のクルマより2~3秒遅かったし。エンジントラブルが出たせいか、気温が高かったせいか、バーレーンではストレートがとにかく遅いんです。走っていて『GP3に乗ってるのか』と思うくらいパワー感がありませんでしたから」(福住)

「クルマが重たくなって、キビキビしていなくて、去年のクルマのほうが動きが軽快だったし、走っていて楽しいのは去年のクルマでしたね。ポール・リカールでトラブルが出たことと、ここが暑いこともあってかエンジンのパワーを抑えているみたいで、去年のアブダビでF2に乗ったときのような『おおっ!』っていう感覚がないんです。加速のトルク感もないし、ターボラグも大きい。F3とは全然違うクルマです」(牧野)

 日本のスーパーフォーミュラ(SF)にも参戦する福住は、それぞれのクルマに対する適応力も問われることになる。両者ではかなり特性が異なると、福住は語る。

「SFとは全然違います。F2はブレーキをギリギリまで我慢してしっかり止めて、なるべくコーナリングしないですぐに向きを変えて、出口でいかにうまく加速していくかという走らせ方。SFはブレーキングの踏力が弱くて、高いボトムスピードをキープして曲がっていく走らせ方。