2018.04.06

「日産の星」がトップフォーミュラに参戦。
千代勝正が速さを証明する

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 萩庭桂太●撮影 photo by Haginiwa Keita

千代勝正インタビュー@後編

 いよいよ開幕する2018年のスーパーGTシリーズで、注目したい男がいる。GT500クラスで日産を代表するドライバーのひとり、CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(ナンバー3)を駆る千代勝正(ちよ・かつまさ)だ。その男のレース人生は試練の連続だったが、それを何度も乗り越えてきた。多くの経験を重ね、円熟味を増した31歳は今シーズン、国内最高峰クラスでどんな走りを見せるのか――。

「千代勝正インタビュー@前編」はこちら>>>

千代勝正は今年、スーパーGTとスーパーフォーミュラの「二足のわらじ」に挑戦する

「このまま順調にいくのかなと思ったら、2年目に『ワークスチームのシートはありません』と言われて……。正直、『またか』と思いました」

 2012シーズンのオフ、突如言われた宣告に、千代勝正は愕然としたという。

「結果、2013年はプライベーターのチームで戦いました。そして2014年は日産が海外に力を入れ始めていた時期と重なり、ブランパン耐久シリーズに参戦することになったのです」

 海外での武者修行を言い渡された千代は、当時このような気持ちを抱えていた。

「僕はずっとGT500に乗りたかったので、自分の思うように物事が運ばなくて悔しい思いでした。同世代のドライバーたちがGT500で活躍しているなか、自分だけがまったく経験のない海外レースに挑戦するのは勇気がいりました。でも、誰もやっていないことをやるわけだから、それを経験することが自分の強みになると気持ちを切り替えたんです。海外でやるからには、そこで認められて結果を残してやろうと」

 自分の実力を認めてもらえない悔しさを力に変え、千代は地道に努力を重ねた。その成果が2015年、一気に花開くことになる。

 まずはシーズン初め、オーストラリアで行なわれたバサースト12時間レースで総合優勝を果たす。続いてブランパン耐久シリーズでもシリーズチャンピオンを手にした。さらに多忙なスケジュールの合間をぬってGAINERからスーパーGT300クラスにも参戦し、2勝を挙げてチームチャンピオン獲得に貢献。これらの活躍によって2016シーズン、千代は目標としていたGT500クラスのシートを掴み取った。