2018.04.05

スーパーGT開幕へ。千代勝正が語る
日産との「出会い、別れ、再会」

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 萩庭桂太●撮影 photo by Haginiwa Keita

千代勝正インタビュー@前編

 4月7日~8日に開幕する2018スーパーGTシリーズ。昨年のGT500クラスはレクサス勢が上位を占めたが、今年は日産やホンダも巻き返しを図っている。その日産陣営で大いに期待されているドライバーがCRAFTSPORTS MOTUL GT-R(ナンバー3)から参戦する千代勝正(ちよ・かつまさ)だ。

千代勝正にこれまでのレース人生を振り返ってもらった 千代は東京都世田谷区出身の31歳。オーストラリアのバサースト12時間レースやブランパン耐久レースなど、名だたる強豪ドライバーが集まるレースを制してきた実績の持ち主だ。今年は「最速の座」をかけて、GT500クラスのシリーズチャンピオンを虎視眈々と狙っている。

 千代がクルマを運転することに興味を惹かれたのは小学生のころ。当時、発売されたばかりのプレイステーション用ゲームソフト『グランツーリスモ』で遊んだのが、レースとの出会いだった。

「『親の影響でレースを始めた』というドライバーが多いと思いますが、僕は友だちと遊んだゲームから影響を受けました。子どものときにクルマ好きの友だちが何人かいて、当時グランツーリスモが出たときにそれで一緒に遊んでいたのが始まりでしたね」

 高校生になった千代は本格的にカートを始め、千葉県にある新東京サーキットに行くようになる。そこでの体験が、真剣にレーシングドライバーを目指す大きな後押しとなった。

「新東京サーキットに行ったら、チビッコたちがバンバン走っていて、最初は惨敗でした。そこから『負けたくない!』という火がついて、カートチームに入ってレースに出るようになりました」

 その後、千代はプロのレーシングドライバーになるべく、全日本カート選手権に参戦するかたわら、各クルマメーカーが主催する若手ドライバー育成プログラムのオーディションを受け始める。そのとき運命的な出会いを果たしたのが、現在でも所属している「日産」だ。

「実は他社の若手育成プログラムのオーディションもいくつか受けたのですが、どれも合格することができずに悔しい思いをしていました。ちょうどそのとき、日産の関係者が全日本カートの最終戦を観に来ていて、そこで僕がポールポジションを獲得したんです。それが目にとまって、日産から『若手育成のオーディションがあるから受けてみないか?』というお話をいただきました。