2018.01.19

日本人F1ドライバー候補は2人。
鈴鹿でトロロッソをドライブなるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

2018年シーズン10大注目ポイント@後編

「10大注目ポイント@前編」はこちら>>>
「10大注目ポイント@中編」はこちら>>>

(7)HALO導入で「美しいF1マシン」はおしまい?

 2018年はF1マシンそのものの規定に変更はないものの、ルックスが大きく様変わりする。頭部保護デバイス「HALO(ヘイロー)」が導入されるからだ。

スーパーライセンス獲得を目指す20歳の福住仁嶺 オープンコクピットのF1マシンはドライバーの頭部が露出しているため、クラッシュでタイヤが外れて飛んできた場合などを想定して、このような頭部保護デバイスが考案された。シールド式も検討されたが、視野が歪んで見えることや汚れ対策などの問題もあり、最終的にHALOが採用された。

 ただ、その導入については賛否両論があり、ルックスについてはF1ドライバーらをはじめほとんどの関係者が否定的。特に若手ドライバーの間では「F1マシンはオープンであるべきだ」といった声が多数で、ルイス・ハミルトンは「2017年で美しいF1マシンはおしまいだ」と明確にHALO批判をした。

 しかし、ベテラン勢を中心に「ルックスは賛成ではないが、安全性が向上するなら導入すべき。安全は何よりも優先されなければならない」という声が多数を占めていることも、また事実である。

 もちろん、HALOを装着したからといって事故が100パーセント防げるわけではない。だが、装着することによって悲劇を未然に防ぐ可能性が高まることも確かだ。今後の研究と実用試験によって、さらに優れたデバイスが登場するまでの移行期的なつなぎとなる可能性もあるが、安全性を高めてくれるものがあるなら採用するべきであり、否定する理由はない。