日本人F1ドライバーは見えたか。
ホンダが育成する3人の今季と来季

  • 米家峰起●取材・文・撮影 text & photo by Yoneya Mineoki

 しかし、福住も成長した。マクラーレンのシミュレータープログラムでも天性のドライビングセンスはトップクラスと認められた福住だが、今季はセットアップ面でも実力を伸ばしてきた。

「去年は、遅いのは自分の腕のせいだとばかり考えていましたけど、今年はエンジニアとの相性がよくて、自分の持っていきたいセットアップの方向性がわかるようになってきたんです。時には喧嘩することもあるし、向こうも若いからそうやって言い合えるエンジニアだったおかげで、自分も学んだことは大きかったですね。次の目標は、もっと自分の意見を主張できるようになることと、セットアップ能力をもっと上げて、自分がチームを引っ張っていけるようにすることですね」

 シーズン閉幕後、福住は3日間のFIA F2のテストに参加して、早くもF2マシンを味わった。

 加入予定のアーデン・インターナショナル(イギリス)はここ数年低迷しているが、ホンダの肝煎りもあってエンジニアの獲得などチーム強化に努め、さらに共同オーナーのクリスチャン・ホーナーがチーム代表を務めるレッドブル・レーシングとの技術提携も進める計画が進んでいる。

5 / 10

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る