2017.11.29

「がんばった」9位で終幕。
ホンダとマクラーレンの明日はどっちだ?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 2017年の最終戦アブダビGPをフェルナンド・アロンソが9位でフィニッシュし、3年間に及んだマクラーレン・ホンダの幕が閉じた。

アブダビGP終了後にマクラーレンとホンダの関係者は記念撮影を行なった「今日はきちんと実力を発揮して終わりたかったので、もちろんこれが我々の目指しているところではなかったにしても、今日の実力を出し切って狙いうる最大限のポイントを獲ることができたことには満足していますし、今年のベストレースのひとつだと思います」

 トラブルもなく最後のレース週末を終えたホンダの長谷川祐介F1総責任者は、ホッとした表情でそう語った。

 なかなか出口の光が見えない長いトンネルのなかを歩いてきたような3年間だったが、最後に現状のMCL32というマシンが持つポテンシャルを最大限に引き出し切ってのレースができた。そのことに対する安堵と満足だった。

 何度も悩まされてきたMGU-H(※)を中心としたトラブルは、シーズンを経るなかでハード面に何度も対策を施し、ソフト面(使い方)で問題発生を抑える方策も見出してきたことで姿を消した。抜本的な対策を施すためには大幅な設計変更が必要で、ホンダジェットの技術も活用しての対策が来季に向けて進められているという。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。