2017.11.25

マクラーレン・ホンダのラストラン。
最後くらいは笑顔で終われるか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 今から約1年前の2016年11月13日、ブラジルGPの決勝を前に2年目のシーズンをほぼ終えようとしていたマクラーレン・ホンダはチーム集合写真撮影を行なった。同じユニフォームに身を包み、整列したマクラーレンとホンダのエンジニアたちは、こんなことを話し合っていた。

「マクラーレン・ホンダ」もアブダビGPで見納め「来年こそは表彰台に行こう」

 3年目のシーズンには、表彰台争いに加わることができる――。チーム内にはそんな予感と手応えがあった。

「ホンダはかなりよくなってきているから、来年は大丈夫だろう。今年は車体がダメだったけど、来年は俺たちもがんばるから」

 マクラーレンのエンジニアたちは、そんなふうに話していたという。

 ホンダは2年目から3年目へこれまでと同じスピードで正常進化できれば、既存メーカーと同等の出力まで追いつく。そしてマクラーレンの車体も、鈴鹿で露呈した空力的な不安定さを見直して弱点を潰すことで、トップレベルに追いつく。彼らが3年目のシーズンにイメージしていたのは、3強チームに追いつき、表彰台争いに加わることだった。

 しかし、2017年の幕が上がると、車体は改善を果たしたものの、パワーユニットが期待どおりの性能を有していないことがわかった。上を目指すためにはコンセプトの完全刷新が必要で、ホンダにとっては1年目も同然の開発となったからだ。しかも半年遅れで開発がスタートし、途中のつまずきを取り戻す時間がないまま、開幕を迎えなければならなかった。