2017.09.13

悪質ファンの態度に闘志メラメラ。
マルケスが逆転勝利でドヴィに並ぶ

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 最終ラップの1コーナーで満を持して勝負を仕掛けてトップに立ち、その周回でレース中の最速ラップタイムを記録して優勝のチェッカーフラッグを受ける、という巧緻(こうち)で熟達したレース運びでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がシーズン4勝目を挙げた。

ダニロ・ペトルッチ(左)とのバトルを制したマルク・マルケス(右) 第13戦・サンマリノGPのレースウィークは、好天の週末から日曜のみ天候が崩れるという情報で、決勝日のコンディションはその予想どおりに推移して早朝から雨が降る一日になった。

 雨になると極端に滑りやすい路面で無理のきかない状況のなか、レースをリードしたのはダニロ・ペトルッチ(プラマック・レーシング/ドゥカティ)。マルケスとランキング首位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)が僅差でそれを追う展開が続いた。やがてドヴィツィオーゾは、レース全体の3分の2が過ぎたあたりでこの2名からやや離れて3番手をキープする位置に落ち着き、終盤の優勝争いはマルケスとペトルッチの2台に絞り込まれた。

「残り3周でも抜くことができたけれども、ここ(イタリア人選手のホームグラウンド)でダニロとバトルをするのは避けたかった。だから、抜いたときは100パーセントの力で攻めた。最終コーナーに賭けるよりは、最終ラップで勝負したほうがいいと思った」と、マルケスはレース終盤の展開を振り返っている。