2016.10.12

F1ホンダ、鈴鹿で惨敗。
パワー不足はエンジンだけのせいなのか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

レース前は笑顔を見せていたバトンとアロンソだったが...... メディアに対して本音を話すことは滅多にないアロンソだが、チーム内では「空力もメカニカルもパワーユニットも、すべてが1カテゴリー下だ」と明確に指摘しているという。昨年の「GP2エンジン!」という発言ばかりが取り沙汰されるが、「GP2」なのはパワーユニットだけでなく、車体も含めて今のマクラーレンのすべてなのだ。

「ここはクルマの総合力が問われるサーキットですが、逆に言えばここで悪いということは、パッケージ全体としてクルマが悪いと言っているのと同じことなので、非常に残念です。

 たとえば、S字が圧倒的に悪かった。S字のようなところはどのサーキットにもあるわけですが、コース全体がそうなっているところはそんなにないんですね。鈴鹿はそういう連続したコーナーが多く、クルマの実力がはっきりと出てしまったんだと思います」(長谷川総責任者)

 マレーシアも同じようなコース特性だが、新舗装された路面のグリップの高さがマシンの実力不足を覆い隠していたのだろうと、チーム関係者は打ち明ける。しかし、マシンのありとあらゆる総合力が問われる鈴鹿では、マシンの実力が丸裸にされ、実力のなさが白日のもとにさらけ出されてしまったのだ。

 それでも、レースは結果がすべて――。突発的なアクシデントや奇抜な戦略でポジションを上げることができるなら、それもレースとしては喜ぶべきことだ。しかし、今年の日本GPはマクラーレン・ホンダにとって、そんなレースらしい場面がひとつもなかった。