2016.06.30

弱小チームにもテキサス魂あり。佐藤琢磨がインディ後半戦に手応え

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano  松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 特に、速度域が似ているワトキンス・グレンでのレースでは、今回のセッティングのよさが効果を発揮しそうだ。あそこはデビューイヤーに予選5位になっている。ロード・アメリカと同じく高速でエキサイティングなコースだ。その他の2レース、ミッド・オハイオと最終戦のソノマは、スピードや路面がロード・アメリカとは異なるけれど、今回得られたデータ、そしてセッティングの考え方から、去年までよりもマシンを速くすることができそうだと期待している」

 そう語る琢磨は大きな手応えを感じている様子だった。シーズン終盤のロードレース3戦が楽しみになってきた。琢磨陣営はミッド・オハイオとワトキンス・グレンにはテスト遠征を行なう予定だ。

関連記事