2014.12.04

【F1】可夢偉の本心。「もしかしたらこれで最後なんかなぁ」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2014シーズン最終戦、アブダビGP決勝の朝、ケータハムのガレージではメカニックが小林可夢偉のマシンのもとで見慣れない作業をしていた。

 モノコックに紙やすりを掛け、エアブラシで液体を塗布する――。フロントサスペンション付け根の傷ついた箇所を、ケータハムグリーンの塗料でレタッチしていたのだ。

 ケータハムのガレージにいるスタッフのうち、約半数がこれまでファクトリーで勤務していた面々だった。シーズン開幕時からいたオリジナルメンバーのほとんどは離職または解雇されて、約40名だけの急ごしらえの所帯でこのアブダビGPに臨んでいたのだ。チーム資産を受け継いだ管財人はクラウドファンディングによって集めた資金でなんとか参戦を果たし、チームを存続させる道を模索している。

 レース週の月曜になってチームから出場の打診を受けた可夢偉は、即答した。

今シーズン最終戦のアブダビGPに出場した小林可夢偉「『走れるみたいだけど走る?』って言われたんで『うん、走る』って答えました。即決です。すぐに『おカネ払わんでいいの?』って聞きましたけど(笑)、大丈夫やっていうから『ほな行こう』って」

 アブダビの前に走った10月のロシアGPではパーツ寿命不足のため、突然のリタイアを余儀なくされ、チームとギクシャクしたままだった。それだけに、どんなレースになろうとも可夢偉としてはここで走っておきたいという思いが強かった。

『それに、もう自分がF1でレースをするチャンスはないかもしれない――』