2012.12.12

【F1】可夢偉が語るシート獲得活動の現状。「道筋が見えている」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

シート獲得に向けての現在の状況を語った小林可夢偉 2012年のシーズンが終わり、日本に戻ってきた小林可夢偉は多忙を極めている。もちろん、来季に向けてF1のシートを獲得するため、チームとの交渉、スポンサー獲得活動、『KAMUI SUPPORT』PRのために奔走しているからだ。
『KAMUI SUPPORT』は小林可夢偉がF1活動資金を募集するために立ち上げたサイト

 どうしてもF1に残りたい。それは、「F1で勝つ」という目標への道筋が具体的に見えているからだと可夢偉は言う。今のこの苦境さえ乗り越えれば、そこまでたどり着く自信が彼にはある。明言は避けたが、どうやら可夢偉はロータスのシート獲得を目指して交渉に入っているようだ。

 その手応え、交渉の状況、そしてどれだけのサポートが必要なのか。可夢偉に語ってもらった。

「2014年はトップチームのシートに動きが出てくるんで、チャンスがあるんです。レッドブルも、マクラーレンも、フェラーリも、シートは確定していないから。2013年はそういうチャンスっていうのが実質的にフェラーリしかなかったんですよ。マクラーレンのあれ(ルイス・ハミルトンが電撃的に離脱し2日後にセルジオ・ペレス起用が決定)は本当に突発的なことやったから、僕らにはどうにもできないことやったしね。そういう意味で難しい年やったけど、2014年にはすごく可能性がある。

 でも、そこに行くためには、2013年にしっかりと戦えて(上位チームに)見てもらえるチームに行くことが一番大事やから。今はとにかく、ポイントを獲って戦えるチーム、上のチームが見てくれるようなチームに残ることが重要なんです。そこが今、僕が一番目指すべきところやし、今の活動っていうのはそのための活動やから。

 そこまでの(トップチームという目的地まで)道筋が見えているんですけど、その途中で『橋が崩れてる』みたいな状態なんですよ(苦笑)。その橋をどうやって直そうか、っていうのが今の状態ですね」

――ファンのみなさんが気になっているのは、その橋が黒色(ロータス/コンストラクターズランキング4位)なのか緑&オレンジ色(フォースインディア/同7位)なのかっていうことだと思うんです。

「まぁまぁ、そういうところやろね、実際言うと。(自分の目的に合うのは)その2チームしかないから」