2012.02.23

【F1】開幕前テストで出揃ったニューマシン。
速いのはどのチームか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Getty Images

バルセロナテストで速さを見せている昨年のチャンピオンチームのレッドブル 2回目の開幕前テストが行なわれるバルセロナでメルセデスAMGが新車を発表し、下位2チームを除くほぼ全てのニューマシンが出揃った。

 気になるのはもちろん、どのマシンが速いのかということだ。

 正直に言えば、テストで各マシンの速い・遅いを判断することは非常に難しい。各チームがセットアップやタイヤ評価、空力データ収集などさまざまな目的に沿って走行しているうえ、装着しているタイヤも4種類あり、燃料搭載量も最大で150kgほどの開きがあるからだ(10kg重ければタイムは1周あたり0.3秒ほど遅くなる)。

 それでも、マシンの素性の善し悪しやタイムの安定性、さらにはタイヤに対する優しさなどといった要素は見えてくる。前回のテストが行なわれたヘレスとは違い、バルセロナはマシン性能を試す幅広い要素が凝縮されたサーキットであり、また毎年スペインGPが行なわれる地でもあるため、各チームにとっては走り慣れた場所でもある。そこを舞台に走り込むことで、シーズンの開幕に向けて、ある程度の縮図は見えてくるのだ。

 まずハッキリと言えるのは、今年もレッドブルの速さは揺らいでいないということだ。初日にはセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録し、2日目からはレース週末を想定したシミュレーションを行なうなど、余裕が感じられる。全体的なレースペースのレベルも高い。

 昨年のオフスロットルブローを利用した「ブロウンディフューザー」(エンジンの排気をダウンフォース発生に活用する装置)で得ていたアドバンテージを失い、「まだその失われたグリップを少しずつ取り戻している途上だ」とベッテルは言うが、「クルマのフィーリングは良い」とも言い、レッドブルの優位はまだありそうだ。