2021.10.29

天皇賞・秋は人気2頭に不安あり。穴党記者が推奨する「好配当の使者」とは?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 中距離の現役最強馬を決めるGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)が10月31日に行なわれる。

 過去2年の勝ち馬であるアーモンドアイが引退し、今春のGI大阪杯(4月4日/阪神・芝2000m)を制したレイパパレ、GI宝塚記念(6月27日/阪神・芝2200m)の覇者クロノジェネシスらは不在だが、昨年の三冠馬コントレイル(牡4歳)、女傑グランアレグリア(牝5歳)、今年の皐月賞馬エフフォーリア(牡3歳)、そして天皇賞の春秋連覇を狙うワールドプレミア(牡5歳)など、今年も豪華メンバーが顔をそろえた。

 そんななか、日刊スポーツの松田直樹記者は「今年の構図は"2強+1"。4番手以降のオッズとは相当な開きが出るでしょう」と、人気はGI大阪杯の3着コントレイルと4着グランアレグリアの"2強"と、それに挑む"+1"エフフォーリアの3頭が中心と見る。実際、世間的にもこの"3強"ムードが高まっているが、松田記者は"2強"については不安要素を挙げる。

「コントレイルとグランアレグリアには、それぞれ若干の不安があります。

 まずコントレイル。今回の天皇賞・秋、次のGIジャパンC(11月28日/東京・芝2400m)で引退・種牡馬入りが発表され負けられないところですが、立場的に厳しいマークを受けるはず。その点は厄介です。

 また、前年の三冠馬が4歳(当時は5歳)の秋初戦を天皇賞・秋で迎えると、なかなか振るわない、というデータがあります。1985年のシンボリルドルフ、1995年のナリタブライアンと、ともに1番人気に推されながら、2着、12着に終わっていますから。

 一方のグランアレグリアも、中間の動きは絶品ですが、8月中旬にのどの手術を受けていて、その影響がないか心配されます。牡牝トップホースの激突が再び見られるのは楽しみですが、馬券的にはつけ入る隙があるのではないでしょうか」