2021.10.28

天皇賞・秋は「東京/芝2000m」の種牡馬成績で検討。好走条件に浮かび上がった2頭は?

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 10月31日、東京競馬場でGⅠ天皇賞・秋(芝2000m)が行なわれる。

 2000mのGⅠは中距離馬だけでなく、長距離タイプやマイラータイプの馬も出走し、強力メンバーが集まることが多い。今年も皐月賞馬エフフォーリア、安田記念などGⅠ5勝のグランアレグリア、昨年の三冠馬コントレイル、マイルチャンピオンシップのペルシアンナイト、菊花賞などGⅠ2勝のワールドプレミアと、5頭のGⅠ馬が出走する。

GⅠ5勝を挙げているグランアレグリアGⅠ5勝を挙げているグランアレグリア この記事に関連する写真を見る  今回は「東京/芝2000m」の種牡馬成績を参考に話を進めていこう。過去約15年の東京/芝2000mの成績を見ると、ディープインパクト産駒が510戦73勝と、393戦41勝の2位ステイゴールドに大差をつける圧倒的な数字。勝率14.3%、連対率27.5%と実に優秀だ。

 しかし天皇賞・秋に限ると、46戦1勝、2着7回で勝率2.2%、連対率17.4%。新馬戦の45戦13勝、勝率28.9%、連対率44.4%に比べると大きく数字が下がっている。クラスが上がることで相手が強くなり、レースレベルも上がるため数字が下がるのは自然なことかもしれないが、それにしても極端な下がり方だ。クラスが上がることでペースもタイムも速くなり、レースの質が大きく異なるということだろう。

 こうして見るとディープインパクト産駒にとって天皇賞・秋は「得意でないレース」とも言えるが、1頭の勝ち馬、7頭の2着馬の傾向から、好走する条件が見えてくるはずだ。今回はそういう視点で分析してみよう。

 ディープインパクト産駒で天皇賞・秋の2着以内に入ったのは、以下の延べ8頭。

13年 ジェンティルドンナ:1番人気・2着
14年 スピルバーグ:5番人気・1着
14年 ジェンティルドンナ:2番人気・2着
15年 ステファノス:10番人気・2着
16年 リアルスティール:7番人気・2着
18年 サングレーザー:4番人気・2着
19年 ダノンプレミアム:3番人気・2着
20年 フィエールマン:5番人気・2着

 これらの多くの馬に共通するのは、2000mよりも、1600mや1800mで強い競馬を見せていること。ステファノスは芝1600mのGⅢ富士Sの勝ち馬、リアルスティールは芝1800mの首GⅠドバイターフの勝ち馬で、この2頭は2000mでの勝利がなかった。サングレーザーも芝1600mのGⅡマイラーズCをレコード勝ちした馬で、ダノンプレミアムも芝1600mのGⅠ朝日杯フューチュリティSのパフォーマンスが印象的な馬だった。