2021.09.05

新潟記念のサインが隠れているのは東京パラリンピックと、話題のあのニュース

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by Kyodo News

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

所長「うおぉぉぉ~ん」

研究員「どうしたんですか!? 深夜の"飯テロ"ドラマのような雄叫びをあげて。なんか、うまいものでも食べてるんですか?」

所長「違うわい! パラリンピックを見ておって、選手たちのすばらしい活躍に連日感動しておるんじゃ。オリンピックの時と同様、日々心を揺さぶられておる」

研究員「いやぁ、ほんとですね。僕も毎日、テレビの前にくぎ付けですよ。そうなると、新潟記念のサインはパラリンピックにあり! ですね」

所長「それは間違いないじゃろうな」

研究員「パラ馬術では元騎手の高嶋活士選手が出場していました。そこで僕は、高嶋騎手の同期に注目したいと思っています。横山和生騎手がトーセンスーリヤに、杉原誠人騎手がレッドサイオンに騎乗。この2頭は無視できません」

所長「パラ馬術では他に、先日亡くなったレガシーワールドの調教助手をしていた宮路満英選手の活躍が光っておった。グレードIIの個人規定で7位入賞じゃ」

研究員「宮路選手の騎乗馬はチャーマンダー。馬名の意味は、ポケモン英語版で言う『ヒトカゲ』だそうです。ヒトカゲはあついものを好むといいますから、冠名+インド神話の"太陽"神を意味するトーセンスーリヤがこれまた、クサいですね」

東京パラリンピックで二冠を遂げた自転車の杉浦佳子選手東京パラリンピックで二冠を遂げた自転車の杉浦佳子選手 この記事に関連する写真を見る 所長「なかなかいいところに目をつけたじゃないか。馬術以外でワシが特に感動したのは、パラ自転車の杉浦佳子選手じゃ。女子個人ロードタイムトライアルとロードレースで二冠を達成。金メダリストとして日本勢最年長記録を樹立すると即、自らの記録を更新したんじゃ。『すごい!』のひと言や。