2021.09.05

エフフォーリアの弟、ヴァンガーズハート。注目度高い期待馬は「見栄えがする馬格」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第15回:ヴァンガーズハート

 今春の3歳牡馬クラシックも白熱の戦いが繰り広げられた。そこで主役を張った1頭に、エフフォーリア(牡3歳/父エピファネイア)がいる。

 同馬は昨夏の2歳新馬(札幌・芝2000m)でデビュー。その初陣を快勝すると、およそ2カ月半の間隔をあけて臨んだ1勝クラスの百日草特別(東京・芝2000m)も制して、デビュー2連勝を決めた。

 まだこの時点では同世代における有力馬の1頭にすぎなかったが、3戦目のGIII共同通信杯(2月14日/東京・芝1800m)で評価が一変する。実力馬、評判馬が顔をそろえたこの一戦で、エフフォーリアは3番手から上がり33秒4の末脚を繰り出して完勝。後続に2馬身半という決定的な差をつけて、一躍クラシックの最有力候補に浮上した。

今年の皐月賞を制したヴァンガーズハートの兄、エフフォーリア今年の皐月賞を制したヴァンガーズハートの兄、エフフォーリア この記事に関連する写真を見る  そして、クラシック初戦のGI皐月賞(4月18日/中山・芝2000m)で圧巻の強さを披露。馬場状態を考慮して各馬が外目を回るなか、エフフォーリアは果敢にインをついて、強豪ライバルたちを難なく退け、2着に3馬身差をつける圧勝劇を演じた。

 続くGI日本ダービー(5月30日/東京・芝2400m)では断然の1番人気に推され、無敗の二冠馬誕生へ期待が高まった。実際、直線では馬群の真ん中から先頭に立つ完璧な競馬を見せて、そのまま勝利するかと思われた。が、最後に鋭く伸びてきたシャフリヤールと並んでゴール板を通過。わずかハナ差及ばず、2着に敗れた。

 それでも、世代屈指の実力を大舞台で示したエフフォーリア。今後のさらなる活躍が見込まれている。