2021.05.15

穴党記者が熱視線。ヴィクトリアマイルは大駆け条件そろう3頭で勝負

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 古馬牝馬の「マイル女王決定戦」GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)が5月16日に行なわれる。

 昨年はアーモンドアイが断然の1番人気に応えて圧勝したが、2015年には3連単で2000万円超えの超高配当が飛び出すなど、波乱の多い一戦と言える。過去10年の結果を振り返っても、1番人気は2勝、2着3回と全幅の信頼を置くまでには至らない。

 今年は、昨年同じ東京マイルのGI安田記念でアーモンドアイを一蹴し、最優秀短距離馬に輝いたグランアレグリア(牝5歳)が人気を集めそうだが、レシステンシア(牝4歳)をはじめ、活きのいい4歳馬が集結。熾烈な争いが予想される。

 そんなレースの行方を占ううえで、重要なポイントとなるのは「今週から仮柵によってBコースとなる馬場状態です」と語るのは、スポーツ報知の坂本達洋記者だ。

「先週のGINHKマイルC(東京・芝1600m)は、1分31秒6の好時計でシュネルマイスターが制覇。開幕3週目でしたが、相変わらず馬場状態はよく、芝は全体的に速い時計のレースが目立ちました。そして、今週からはBコースになるため、内の傷んだ部分がカバーされて、引き続き高速決着が予想されます」

 そうした高速馬場において、穴馬として狙えるのはどんなタイプの馬になるのか。坂本記者が続ける。

「ある程度前で器用に立ち回れる馬。また、スピードのある馬を狙っていきたいですね。そして、穴馬候補となり得るのは、前走で惨敗した条件から変わる馬。昨年も前走のGI高松宮記念(中京・芝1200m)で15着に敗れたノームコアが3着と好走しています。2015年の勝ち馬ストレイトガールも、高松宮記念13着から激変しての快勝でした」

 そこで、坂本記者が推奨するのは、マルターズディオサ(牝4歳)だ。