2020.10.03

凱旋門賞で日本のディアドラに騎乗する
名ジョッキーの男気に感謝

  • 土屋真光●文・撮影 text & photo by Tsuchiya Masamitsu

◆武豊が9度目の凱旋門賞へ。勝利への執念を見せる挑戦の軌跡>>

 日本でも秋のGⅠシーズンが開幕するが、フランスでは世界最高峰のレースであるGⅠ凱旋門賞(フランス・パリロンシャン/芝2400m)が行なわれる。フランスは新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕が遅れ、重賞スケジュールなども大きな変更があったなか、凱旋門賞がスケジュールどおりに開催されることは競馬ファンも嬉しいだろう。

 昨年の春から海外遠征中のディアドラ(牝6歳)が出走することもあり、日本でも馬券が発売される。イギリスのニューマーケットに滞在中のディアドラは、日本馬初の勝利に向け、9月30日に調教場アルバハスリ・ポリトラックコースで最終の追い切りを実施した。

凱旋門賞に向けて調整を行なうディアドラ 騎乗した"新コンビ"のジェイミー・スペンサー騎手は、「自分がやるべきことをよく理解している馬。少し促しただけですぐに反応してくれて、いい伸びをしてくれました」と振り返った。過去に2度、英国リーディングジョッキーに輝いた名手を唸らせるほどの充実ぶりを見せている。

 ディアドラは7月30日、イギリスのグッドウッド競馬場で行なわれたナッソーS以来の出走だが、凱旋門賞を迎えるまでには陣営の並々ならぬ努力があった。

 先を見据えていたこともあって、同レースは仕上がりもピークではなかったとはいえ、道中の手応えに反し、勝負どころで早々に諦めてしまうような走りで7頭立ての最下位。前年の覇者として屈辱の結果になった。

 レース後の様子を見てもアクシデントが起こったようには見えず、一から立て直すほかに、6歳という年齢から引退という選択肢も陣営の頭をよぎった。しかし、「ディアドラの名誉を回復しよう」という橋田満調教師の言葉を受け、チームはディアドラと向き合うことを選んだ。

 すると、胃潰瘍や体の構造のズレといった問題が見つかった。普段なら「競走馬ならよくあること」で済ましてしまいそうなところだが、しっかりと対応した。メンタル面についても、ひと月ほど外部でリフレッシュし、滞在先の厩舎に戻ってきてからも条件馬を借りて、マンネリを感じていたディアドラの走る心にも刺激を与えた。