2019.11.29

チャンピオンズCは人気落ち「春の王者」
と「善戦マン」で高配ゲット

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 下半期の「ダート王」を決めるGIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)が12月1日に行なわれる。

 2014年に、前身の「ジャパンCダート」から「チャンピンズC」と名称が代わり、舞台を中京競馬場に移して5年。比較的、波乱傾向が強いレースと言える。

 現に、2015年には12番人気のサンビスタが大金星を挙げ、2016年は6番人気のサウンドトゥルー、2017年には8番人気のゴールドドリームと、伏兵が戴冠を果たしている。そのほか、2014年には8番人気のナムラビクターが、2018年にも8番人気のウェスタールンドが2着に突っ込んでくるなど、毎年番狂わせが起こっている。

 こうした傾向から、今回も穴狙いに徹するべきだろう。そこで、過去5年の結果を参考にして、今年のレースで激走しそうな馬を探し出してみたい。

 まず、狙い目となるのが、一昨年のレースを制したゴールドドリームのパターン。つまり、同年春のGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)を優勝していながら、直近のレースが冴えず、人気を落としてしまった馬の逆襲だ。

 ゴールドドリームは、フェブラリーSを制したあと、海外GIのドバイワールドC(UAE・ダート2000m)に挑戦して14着と大敗。その後も、地方交流GI帝王賞(大井・ダート2000m)で7着、さらに地方交流GIマイルCS南部杯(盛岡・ダート1600m)でも5着に沈んで人気を裏切った。その結果、チャンピオンズCでは人気急落となったが、再びJRAの大舞台に戻って本領を発揮した。

 今年、そんなゴールドドリームと似た馬がいる。インティ(牡5歳)である。

フェブラリーSの覇者インティの巻き返しはあるか インティは、未勝利クラスから怒涛の7連勝を飾って、今年のフェブラリーS(2月17日)を制覇。まさしく新時代のダート王として、その後の活躍が大いに期待されていた。

 しかし、続く地方交流GIのかしわ記念(5月6日/船橋・ダート1600m)で2着に敗れると、続く帝王賞(6月26日)でも6着と馬群に沈んだ。そして、4カ月以上の休養を取り、立て直しを図って臨んだ前走のGIIIみやこS(11月3日/京都・ダート1800m)でも、なんと15着と惨敗を喫してしまった。