2019.10.18

秋華賞に続いて菊花賞も荒れる。
穴党記者が白羽の矢を立てた穴馬2頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

「3歳牡馬三冠」の最終戦、GI菊花賞(京都・芝3000m)が10月20日に行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、6番人気以上の伏兵馬が13頭も馬券圏内(3着以内)に突っ込んできており、波乱含みのレースと言える。実際、3連単の配当が10万円を超えたことが4度もある。

 そして、今年も”荒れる”匂いがプンプンする。なにしろ、出走馬には一冠目のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)を勝ったサートゥルナーリア、二冠目のGI日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)を制したロジャーバローズらの名前がなく、代わって皐月賞2着、ダービー3着のヴェロックスが最有力候補に浮上。1番人気に押し出された同馬の、「1強」といった様相にあるからだ。

 そうした状況にあって、日刊スポーツの太田尚樹記者も波乱の展開を想定している。

「最近の菊花賞は、2016年2着のレインボーライン(9番人気)、2017年2着のクリンチャー(10番人気)、2018年1着のフィエールマン(7番人気)と、3年連続で7番人気以上の人気薄が連対しています。やはり全馬にとって、未知の3000m戦という点が影響しているのでしょう。

 とすれば、ヴェロックスにしても、はたして抜けた存在なのか? と問われると疑問が残ります。ダービーでも他馬とは接戦でしたし、ジャスタウェイ産駒で3000mの距離がベストとは思えないですし……」

 波乱ムードについては、中日スポーツの大野英樹記者も同調する。そうして、ニシノデイジー(牡3歳)を本命に挙げつつ、穴馬候補については次のように語る。

「本命はニシノデイジーですが、同馬は鞍上がクリストフ・ルメール騎手ということもあって、それなりに人気を背負いそうな感じです。そこで、穴で狙いたいのは、GII京都新聞杯(5月4日/京都・芝2200m)を勝つなど、京都に適性があるレッドジェニアル(牡3歳)です。現に、京都ではここまで4戦して2勝、3着2回と、良績を残しています。

 イレ込みやすいタイプだけに、輸送時間の短い京都が現状では力をフルに発揮できる舞台と言えます。落ち着きさえ保てれば、休み明けでテンションが高かった前走・GII神戸新聞杯(4着。9月22日/阪神・芝2400m)からの前進は十分に見込めます」