2019.10.17

菊花賞に強いディープインパクト産駒。
人気薄でも好走に期待大!

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Ito Yasuo/AFLO

 10月20日、京都競馬場でGⅠ菊花賞(芝3000m)が行なわれる。このレースは春のGⅠ皐月賞(中山/芝2000m)、GⅠ日本ダービー(東京/芝2400m)に続く「3歳牡馬クラシック三冠」の最終戦。今年は皐月賞馬サートゥルナーリア(天皇賞・秋に出走予定)、日本ダービー馬ロジャーバローズ(屈腱炎のため引退)と、「牝馬三冠」最終戦の秋華賞と同じく、春のGI馬が不在のレースとなる。

 過去の勝ち馬の血統を見ると、2016年サトノダイヤモンド、2018年フィエールマンと、3年の間にディープインパクト産駒が2勝。2017年の勝ち馬キセキ(父ルーラーシップ)の母の父もディープインパクトなので、3年連続でディープインパクトの血を持つ馬が勝利を収めている。

 さらに3着以内まで見てみると、ディープインパクト産駒は2011年トーセンラーが3着、2013年サトノノブレスが2着、2015年リアルスティールが2着、2017年ポポカテペトルが3着と、初年度産駒が出走した2011年から8年の間に6頭が馬券に絡んでいる。

 ディープインパクト産駒はどんなレースでも人気になることが多いが、このレースの好走馬は人気薄も多く、サトノノブレスは5番人気(単勝19.5倍)、ポポカテペトルは13番人気(単勝44.2倍)、昨年の勝ち馬で今年の天皇賞(春)も制したフィエールマンも7番人気(単勝14.5倍)だった。「人気薄のディープインパクト産駒に妙味あり」と言えるだろう。

 今年の菊花賞には、ディープインパクト産駒はサトノルークス(牡3歳/栗東・池江泰郎厩舎)、メイショウテンゲン(牡3歳/栗東・池添兼雄厩舎)、ワールドプレミア(牡3歳/栗東・友道康夫厩舎)と、3頭が出走を予定している。

 この中でもっとも勝利に近いのはワールドプレミアだろう。

前走の神戸新聞杯で3着に入ったワールドプレミア ここまで5戦2勝で重賞勝ちはないが、前走、約6カ月ぶりのGⅡ神戸新聞杯(阪神・芝2400m)では3着。日本ダービーで3着に入った、同レース2着のヴェロックスから1馬身1/4差(0秒2)差だった。京都コースでは3戦2勝の成績を残しており、新馬戦では後にGⅡ弥生賞(中山/芝2000m)を勝利し、今回の菊花賞も出走予定のメイショウテンゲンを破った。さらに、GⅢ京都2歳S(芝1800m)では3着、500万下のつばき賞(芝1800m)では勝利を収めている。