2019.06.01

現役最強馬決定戦となる安田記念。
馬券的な妙味は「第三の馬」に託せ

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 日本ダービーが終わり、上半期の競馬もいよいよ終盤戦となりますね。今週は、東京競馬場における5週連続GI開催のトリを飾る安田記念(6月2日/東京・芝1600m)です。

 ダービーの翌週ということもあって、例年では”お祭りのあと”といったムードになるのですが、今年はスターホースの参戦で先週からの賑わいが冷めることはありません。見方によっては、ダービー以上に注目の一戦と言えるでしょう。

 話題の中心は、牝馬ながら現役最強の実績を誇るアーモンドアイ(牝4歳)です。昨年は、牝馬三冠を成し遂げると、古馬超一線級と初対戦となったGIジャパンカップ(東京・芝2400m)でも驚異のレコード勝ちを披露。さらに今年も、海外GIのドバイターフ(3月30日/UAE・芝1800m)で見事な勝利を飾って、ただいまGI5連勝中とその勢いはとどまることを知りません。

 昨年のオークスの際にも触れましたが、ロードカナロアの仔とはいえ、折り合いに心配がなく、しかもあの柔らかい走りによって、スタミナのロスも少なく、距離が延びてもまったく不安はありません。要するに、どんな距離でも、どんな展開でも、どの競馬場でも、道中は楽に追走できるため、そこで脚をタメて、驚くほどの決め手を終(しま)いに繰り出せるのでしょう。

 安田記念が行なわれる東京・芝マイルの舞台は、2コーナーのポケットからのスタートなので、スタートしてから3コーナーまではしばらく直線が続きます。そのため、比較的ポジションは取りやすく、さらにコーナー2回のワンターンで、最後の直線も長いため、紛れの少ない実力勝負のコースと言えます。

 そうなると、アーモンドアイが凡走するイメージはまったく沸きませんね。

 もし何かあるとすれば、それは”体調面”ということになります。そもそも間隔を空けてレースを使うことが多い馬。それが人の意思ではなく、馬の体質によるならば、海外遠征帰りの今回だけは、その懸念があるかもしれません。

 ただ、こればかりは当日の気配を見なければわかりません。できることなら、杞憂に終わることを祈っています。そうして、是が非でも万全な状態で出てきてほしいと思っています。

 というのも、完調なアーモンドアイでも負かせるのではないか――そう思っている馬がいるからです。以前から「世代最強馬」と見込んでいるダノンプレミアム(牡4歳)です。