2019.02.08

共同通信杯、穴党記者が打倒・
2歳王者の刺客に挙げる「意外な2頭」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 2月10日に行なわれるGIII共同通信杯(東京・芝1800m)は”クラシックの登竜門”として名高いレースだ。事実、過去10年の勝ち馬から3頭のクラシックホースが、同2着馬からも2頭のダービー馬が誕生している。

 だた、同レースにおける1番人気の信頼度は今ひとつ。過去10年で、2勝、2着2回、3着2回、着外4回と、勝率はわずか2割で、連対率も5割を切っている。そうした状況について、日刊スポーツの太田尚樹記者はこう語る。

「近年、共同通信杯は”皐月賞トライアル”といった様相が色濃くなっていますが、すでにクラシック出走可能な賞金を確保している実績馬は”叩き台”として使ってくるケースが多く、そうした事情から、1番人気の不振につながっているようです。ごまかしの利かない舞台でありますから、実績よりも”真の実力”や本気度を見極めることが大事だと思います」

 ここで人気を裏切った馬は、そのまま脱落してクラシックで振るわないことが多い。逆に結果を出せば、クラシックでの希望が見えてくる。まさしく太田記者が言うとおり、実績や人気よりも”真の実力”を見極めることが重要であり、それが馬券的中にもつながるのかもしれない。

 さて、今年の出走予定馬は7頭。こうなると堅い決着に収まりそうだが、同様に少頭数(8頭)で行なわれた先週のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)が波乱の結果となった。雨の影響があったとはいえ、成長過程にある3歳馬の争い。仕上がりや状態、流れや展開によって、どう転ぶかわかならい。2週連続の”大荒れ”があっても不思議ではない。

2歳王者アドマイヤマーズを脅かす馬はいるか?