2018.11.23

ジャパンC、穴党記者が「打倒
アーモンドアイ」に指名した意外な4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 11月25日に行なわれるGIジャパンC(東京・芝2400m)。今年は、三冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳)が断然の人気を集めそうだが、スワーヴリチャード(牡4歳)、サトノダイヤモンド(牡5歳)、シュヴァルグラン(牡6歳)など、”復権”を狙う実力古馬も名を連ね、ひと筋縄にはいかないレースにも見える。

 まずは、アーモンドアイの取捨である。

 デイリー馬三郎の吉田順一記者は、アーモンドアイの強さを認めたうえで、逆転候補については以下のような見解を示した。

「調整過程や1週前追い切りなどからは、前走のGI秋華賞(1着。10月14日/京都・芝2000m)以上の雰囲気を醸し出しています。また、その秋華賞、京都の内回りで直線が短い同舞台において、後方から追い出しを遅らせる騎乗を見せたのは、鞍上のクリストフ・ルメール騎手が(アーモンドアイの実力に対して)相当な自信を持っているからに他なりません。

 そうした状況にあって、外国招待馬が穴馬の域を出ない前評判であれば、狙いは日本馬となりますが、アーモンドアイの後ろでレースを運ぶ馬が勝つことは、常識的に難しいでしょう。あと、スローペースの団子状態で、直線を向いてからの瞬発力勝負になっても、対アーモンドアイという意味では、どの馬にとっても分が悪いと思います。

(対アーモンドアイの)狙い目であり、逆転の可能性が残っているとすれば、硬めの馬場を生かして、前でセーフティーリードを保ちながら、粘り込めるタイプなのではないでしょうか」

 一方、日刊スポーツの松田直樹記者は、秋華賞のレース後に見せた様子から、アーモンドアイについて「不安あり」と見ている。

「これまでの三冠牝馬、メジロラモーヌ()、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナの4頭は、三冠レースのどこかで接戦を経験していましたが、アーモンドアイはすべて完勝。しかも、秋華賞においては、同馬を管理する国枝栄調教師が『8分ぐらい(の出来)だった』と、余力残しで挑んだことを認めています。