2018.10.07

京都大賞典は、この舞台で覚醒しそうな
重賞「常連馬3頭」を狙い撃ち

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 初秋の古都で繰り広げられる伝統の一戦、GII京都大賞典(京都・芝2400m)が10月8日に行なわれる。

 年末まで続く、古馬GI路線のステップレースであり、過去にも多くの実績馬がこの舞台を踏んできた。とはいえ、過去10年の結果を振り返ると、そうした実績馬を向こうに回して、穴馬が台頭するケースがしばしば見られた。

 象徴的なのは、2013年。単勝1.2倍という圧倒的な支持を得ていたゴールドシップが5着に沈むなか、11番人気のヒットザターゲットが1着となって大金星を挙げた。

 単勝配当が1万6620円。さらに、2着に7番人気のアンコイルド、3着に2番人気のトーセンラーが入って、3連単は361万9290円の超高配当となったのだ。

 その他にも、5番人気のメイショウカンパクが勝利し、7番人気のオウケンブルースリが2着となった2012年や、4番人気のスマートレイアーが1着、6番人気のトーセンバジルが2着に入って、断然人気のシュヴァルグランが3着に敗れた2017年など、波乱が起きて馬連や3連単などで高配当をつけた。

 ということで、今回も穴狙いに徹して、過去10年の結果を参考にしながら、激走ムードが漂う伏兵馬を探し出してみたい。

 まず目立つのは、重賞勝ちがあり、長く重賞戦線で奮闘してきた馬の活躍。普通、そういう馬であれば、人気になるはずだが、過去に穴を開けた馬の多くは、主に前走のGIで大敗を喫し、そこからの休み明け、という2点から評価を落としていた。