2018.07.27

アイビスSDは舞台適性を重視。
相性バッチリの3頭が主役の座を狙う

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 真夏の名物重賞として知られるGIIIアイビスサマーダッシュ(7月29日/新潟・芝1000m)。日本唯一の直線競馬の重賞で、わずか50数秒で決着がつく究極のスピード勝負は、ほんの少しのことで目まぐるしく着順が入れ替わるスリリングなレースだ。

 そのため、人気薄馬の台頭もおおいに考えられる。実際、過去10年の勝ち馬を見てみると、2010年には8番人気のケイティラブ、2012年には7番人気のパドトロワ、2017年には8番人気のラインミーティアと、伏兵馬が何度か金星を挙げている。

 そこで、今回も過去10年の結果を参考にして、一発の可能性を秘める”穴馬”を探し出してみたい。

 このレースで何よりも重要なのは、新潟の直線1000mでの実績があること。たとえ条件馬であっても、過去に同舞台で結果を出していれば、ここでも十分に勝ち負けできる。現に、先述のケイティラブは当時1600万条件の馬だったが、前年に新潟の直線競馬で500万下、1000万下と連勝しており、このレースにおける舞台適性の重要性を示した。

 昨年の勝ち馬ラインミーティアも、同じく1600万条件の馬だった。しかし、過去にこの舞台での勝利実績があり、コースとの相性のよさを生かして、格下馬ながら重賞制覇を果たした。

 とすれば、重要視するのは「新潟・芝1000mの実績」だ。

 その視点で見ると、最初に食指が動くのは、アペルトゥーラ(牡7歳)である。

 何より、この舞台での適性がピカイチ。昨年の8月から10月にかけて、1000万下、1600万下、オープン特別と、直線レースで3連勝を飾っているのだ。