2018.05.25

人気の2頭いらん! 「異常な
ダービー」を勝てる4頭を穴党記者が叫ぶ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 大西記者は関西で行なわれた前哨戦、京都新聞杯(5月5日/京都・芝2200m)で最終切符を手にしたステイフーリッシュをオススメする。

京都新聞杯を快勝して日本ダービーに挑むステイフーリッシュ「前走の京都新聞杯が圧巻の勝ちっぷり。道中は、前半1000m通過が58秒5と速いペースを2番手で追走し、直線に入ってからも力強い末脚を繰り出して、危なげない競馬で押し切りました。最後はまだ余裕があったほどで、底力を示すには十分な内容だったと思います。

 勝ち時計の2分11秒0も優秀。2走前の共同通信杯では10着と大敗を喫しましたが、それはその前のホープフルS(3着。12月28日/中山・芝2000m)から12kgも体重を減らした影響が大きかったと思います。京都新聞杯では16kg増としっかりと体を戻して、この中間もその体をキープしています。

 ホープフルSでは後方から追い込んで3着。そして、京都新聞杯では先行して好時計での圧勝と、自在性も兼ね備えています。今回はテン乗りになりますが、名手・横山典弘騎手なら、きっと持ち味を引き出してくれるはずです」

 一筋縄では収まりそうにない今年の日本ダービー。「世代最強」の勲章を手にするのはどの馬なのか。注目のゲートインまで、まもなくである。

◆「◎」か、スパッと切るか。ダノンプレミアムこそ、ダービー最大の悩みだ>>

◆なぬっ? 安藤勝己はあの馬を切った。ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>

◆エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」を覆し、ダービーも勝つ可能性は?>>