2018.05.25

人気の2頭いらん! 「異常な
ダービー」を勝てる4頭を穴党記者が叫ぶ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 いよいよ注目の日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)が行なわれるが、今年の牡馬クラシック戦線は、はっきり言って”異常事態”にある。

 なにしろ、クラシック第1弾の皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)では、上位2頭がそろって重賞未勝利馬だったのだ。こうした例は、1着ノーリーズン(15番人気)、2着タイガーカフェ(8番人気)が入って大波乱となった2002年まで遡(さかのぼ)らなければならない。

 加えて、ダービー本番で1番人気が予想されるダノンプレミアムは、皐月賞を1週前に回避して、弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)からのぶっつけ本番となる。弥生賞とダービーは「関連性が強い」と言われるものの、それでも一頓挫ある馬がダービーで1番人気になるのは異例なこと。およそ3カ月ぶりの実戦にも不安が募り、今年の競馬界最高峰の舞台はレース前から”不穏な空気”に包まれているのだ

 そうした状況にあって、日刊スポーツの松田直樹記者も人気馬に疑いの目を向ける。

「クラシック初戦の皐月賞は、7番、9番、8番人気の馬が上位3頭に入る波乱となりました。では、ダービーはどうなのか? 過去の結果を振り返ってみると、比較的堅い決着に収まる傾向が強いです。過去10年のダービーは、1番人気が4勝、2着1回、3着3回、着外2回と8頭が馬券に絡んでいます。そのデータからすれば、1番人気を軸に据えれば当たりやすいと考えるのが、大方のファンが行き着く答えでしょう。

 ただ今年の場合、人気が予想される4戦無敗の2歳王者ダノンプレミアムと、3戦全勝で毎日杯(3月24日/阪神・芝1800m)を制したブラストワンピースが、ともに不安材料を抱えています。前者は皐月賞を回避しての臨戦過程、後者はこれまで一線級との対戦がなし。人気を額面どおりに受け入れるのは、危険だと見ています」