2018.04.10

安藤勝己はあの馬を切った。
皐月賞、ダービーを読む「3歳牡馬番付」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 注目の3歳牡馬クラシックがいよいよ幕開け。第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)が4月15日に、第2弾の日本ダービー(東京・芝2400m)が5月27日に行なわれる。

 今年の3歳牡馬も質の高い面々がそろっているが、現状では「2歳王者」のダノンプレミアム(牡3歳)が頭ひとつ抜けている。昨年末のGI朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)では、後続に3馬身半差をつける圧勝劇を披露。年明け初戦となった前哨戦の弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)でも、「全勝対決」で注目されたワグネリアン(牡3歳)との勝負を難なく制して、クラシックの絶対的な「主役」となった。

 だが急遽、その「主役」が皐月賞を回避。牡馬クラシックの行方はにわかに混沌としてきた。皐月賞にしろ、ダービーにしろ、激戦必至な状況でまったく予想がつかない。

 そこで、3歳牝馬に続いて3歳牡馬についても、競走馬の目利きに長(た)けた安藤勝己氏に分析・診断を依頼。そして、皐月賞、ダービーでの活躍が期待される、独自の「3歳牡馬番付」を選定してもらった――。