2018.04.09

ダノン皐月賞回避で異状あり!
激変する最新「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

2018年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第3弾)

 3歳牡馬クラシック第1弾、注目のGI皐月賞(中山・芝2000m)が4月15日に迫ってきた。

 主な有力馬の前哨戦を見てみると、GI朝日杯フューチュリティS(2017年12月17日/阪神・芝1600m)を制して「2歳王者」となったダノンプレミアム(牡3歳/父ディープインパクト)は、GII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)に出走。強豪ライバルを見事に抑えて完勝したが、右前挫跖(ざせき)で皐月賞は急遽回避することになった。

弥生賞でも圧倒的な強さを見せたダノンプレミアムだったが... 一方、もうひとつの2歳GIホープフルS(2017年12月28日/中山・芝2000m)の覇者タイムフライヤー(牡3歳/父ハーツクライ)も、オープン特別の若葉S(3月17日/阪神・芝2000m)で始動したが、実績の劣るメンバー相手に5着と惨敗。有力馬2頭に暗雲が漂い始め、牡馬クラシックは激戦の様相を呈してきた。

 その他のトライアル戦は、朝日杯FS2着馬のステルヴィオ(牡3歳/父ロードカナロア)がGIIスプリングS(3月18日/中山・芝1800m)を制覇。GIII毎日杯(3月24日/阪神・芝1800m)は”新星”ブラストワンピース(牡3歳/父ハービンジャー)が勝って無傷の3連勝を飾った。

 また、これらに先立って行なわれたGIIIきさらぎ賞(2月4日/京都・芝1800m)は、サトノフェイバー(牡3歳/父ゼンノロブロイ)が勝ち、近年クラシックの登竜門として注目度が増しているGIII共同通信杯(2月11日/東京・芝1800m)は、オウケンムーン(牡3歳/父オウケンブルースリ)が勝利した。ただ、サトノフェイバーは故障によって戦列を離れた。

 こうしてクラシックに臨むメンバーが出そろう中、パソコン競馬ライターの市丸博司氏はこの世代に対する評価をこう語る。

「今年の牡馬のレベルは相変わらず高い。特に弥生賞がそうで、ここ最近では最高レベルだった一昨年(勝ち馬マカヒキ)と比べても、わずか1ポイント差に迫る高いTF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)を出しています」

 そんな3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』をここで発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。