2017.12.09

オルフェ娘2頭に待った!
阪神JFはディープ娘マウレアに勝機あり

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も、はや年の瀬。1年の総決算とも言えるグランプリレース、有馬記念(12月24日/中山・芝2500m)も刻一刻と迫ってきましたね。

 その前に恒例の2歳GI、阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)と、朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)が行なわれます。特に今週の阪神JFは、勝ち馬が最優秀2歳牝馬に選出される可能性が高く、まさしく「2歳女王決定戦」となります。

 前哨戦のGIIIファンタジーS(11月3日/京都・芝1400m)を勝ったベルーガが、追い切り後に故障が判明。直前で回避することになってしまったのは残念ですが、話題性のある馬が多く、今年も好メンバーがそろったと思います。

 この時期の2歳牝馬と言えば、人間で言えば小学生の頃合い。おかげで、ひと昔前のレースでは小学生の運動会といった趣(おもむき)で、紛れが起こりやすく、どの馬が勝つのかわからない競馬になることが多かったように思います。

 しかし最近は、新馬戦の開幕が早まり、それによって馬自体の仕上がりも早くなって、2歳の暮れという時点でもある程度、馬が完成されてきています。そのため、ここで好勝負した馬が、翌年のクラシック戦線でも主役を務めることが多くなってきているのだと思います。

 昨年は、勝ち馬ソウルスターリングがオークス馬に、3着レーヌミノルが桜花賞馬になりました。さらに2着リスグラシューも、「牝馬三冠」すべてのレースで準主役の活躍を見せました(桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着)。今年も、ここから来年のクラシック候補生が出現しそうですね。

 その筆頭と言えるのは、ロックディスタウンでしょう。今回はおよそ3カ月の休み明けとなりますが、前走のGIII札幌2歳S(9月2日/札幌・芝1800m)では牡馬相手に鮮やかな勝利を飾っています。

 そもそも同馬は、デビュー前からかなり評判の高かった素質馬。実際に、デビュー戦では圧巻の勝ちっぷりを披露しました。加えて、同レースで退けた2着タイムフライヤー(牡2歳)が、のちにオープン特別を勝って、重賞の京都2歳Sでも2着と好走。3着シャルドネゴールドも、そのあと未勝利を勝って、500万特別の葉牡丹賞で2着と奮闘するなど、ここに来てロックディスタウンの強さが改めてクローズアップされています。