2016.05.26

マカヒキvsサトノダイヤモンド。2400mのダービーに向くのはどっち?

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki  村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

特集:「最強世代」の日本ダービー(4)

 今週5月29日(日)は、東京競馬場で3歳馬による競馬の祭典・GI日本ダービー(芝2400m)が行なわれる。空前のハイレベルと言われ、「3強対決」で盛り上がったGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)は1番人気のサトノダイヤモンドが3着に敗れ、伏兵視されていた8番人気ディーマジェスティがレースレコードで優勝。上位3頭はいずれもディープインパクト産駒だった。

 スポルティーバでは、先に皐月賞馬ディーマジェスティに乗る蛯名正義騎手のインタビューをお届けした。同じ父を持ち、皐月賞2着、3着に敗れたマカヒキ(3番人気)、サトノダイヤモンド(1番人気)。両馬は無敗がストップしたものの、「むしろ日本ダービーでこそ」と注目度は依然高い。巻き返しはあるのか、今回はこの2頭を比較してみよう。

皐月賞は2着。逆転なるか、末脚にかけるマカヒキ